投資初心者が読むべき1冊の厳選本!|投資を始める前にまずはこの1冊で勉強しよう!

投資の世界はとりあえずやってみれば成功する世界ではありません!

筆者の経験談です笑

成功するには何事も勉強!

今回の記事では、「・・・とは言っても何から始めたらいいの?」と思われる方のための参考になればと思います。

 

結論

「細野真宏の経済のニュースがよくわかる本」(小学館)を理解して経済の基本を理解しよう!


タイトルに「投資」や「株」と言った本がないので不安になったかもしれません。ですが、まずはこの本!

政治・経済の勉強もろくにしなかった私が、投資を始める前に一番最初に読んだ本です。

この本があったから経済の基礎を理解することができたため、是非皆さんにもおすすめしたいです。

 

では、最初の本の選び方と、なぜこの本なのかを紹介します!

 

1 . 投資を勉強するための本の選び方

書店に行くと投資にまつわる本がズラーっと並んでいます。

「絶対に勝てる!◯◯の本」「◯万円を◯億円にした投資術」等々

魅力的なタイトルの本がたくさんあります。

初心者の頃はこう言ったタイトルに惹かれがちです。

 

これを目にした初心者(当初の筆者も・・・)の心理は・・・

「この本読めばすぐにお金が増えるんじゃない!?」

90%はこう思うんじゃないでしょうか?

 

冷静になってよく考えてみましょう!

投資に絶対は無い!そして、簡単に稼げる方法なんて100%無い!投資を始めるとよくわかると思います。

では何をすればいいのか?

 

それは経済の仕組みを理解することです。

これを飛ばして稼げるほど投資の世界は甘く無いです!

 

2 . 経済の仕組みを理解せずに投資をするとどうなる??

ここで投資をテニスに例えるとわかりやすいと思います!

投資に勝つ(稼ぐ・収益を出す)=テニスでは試合に勝つですね!

じゃあ試合に勝つためには何をしますか?

 

 

そう、練習です

練習試合もやらなければいけませんし、サーブの練習だって、スマッシュやボレーの練習だって血の滲むような努力・練習をします。

何よりも最初にやることは、素振りです。テニスの基礎中の基礎、テニスプレーヤー誰もが通る道だと思います。

投資の世界ではこの素振り=経済の仕組みの理解の構図が非常に近いと考えています。

 

ひたすら素振りを真剣にやっていた人が最終的には自分のプレースタイルがぶれずに確立でき、様々なプレースタイルに応用可能で結果的に勝利に結びつく、まさに投資と同じです。

 

実際の投資で考えてみましょう。

例えば外為(FX)で負けたとすると、経済の仕組みを理解している人は
「なぜ負けたんだろう」「なぜここで予想とは違う値動きをしたのだろう」
こういった思考になり、経済の仕組みから値動きを推測することができます。

一方、理解していない人は「たまたま下がったけど次は勝てる!」「もうちょっと持っとけば上がったかな」といった短絡的な思考になり、理屈がないまま次のトレードをスタートすることでしょう。

これでは投資ではなく投機(ギャンブル)になってしまいます

こうならないためにも経済の仕組みの理解は投資において必須だと考えています。

 

3 . 投資初心者1冊目おすすめの本はなに?

私がおすすめする本は

カリスマ受験講師 細野真宏の経済のニュースがよくわかる本(日本経済編)です!


内容的には中学の社会といったところでしょうか。

でも言葉だけを暗記しているのが日本の教育の良くないところで、本質を理解していないことが多々あります

この本では手書きのイラストをメインに本質をわかりやすく解説してくれます!


4 . まとめ

まずは投資のベースである経済について知識を深め、投資ってどんな種類があるんだろう?なにが自分に合っているんだろう?

と深掘りしていくのが一番良いと思います。

私もこの本を読んで自分に合っている「投資信託」にたどり着きました。

 

https://asset-hobby-blog.com/investment-trust2/

 

どんなスポーツでも、勉強でも、投資でもまずは基礎から!!

これは鉄則ですね!


最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG