初心者のための株式投資|仕組み・メリット・デメリット・投資を始める心得を解説

初心者にはどうも敷居が高い投資の世界。

今回は投資の種類・仕組みとリスク等について解説できればと思います。

 

結論

メリット:勉強次第でマイルールを作りしっかりと資産形成できる。

メリット・デメリット共通:信用取引によってハイリスク・ハイリターンの投資が可能。

 

 

1 . 株式投資とは?

1-1 . 株式の仕組み

株式投資とは、「株式」という証券を買うことを言います。

そして「株式」とは株式会社に出資していることを証明する券のことです。

では、株式会社に出資するってどういうこと??

会社をおこす時に必要なのは、何よりお金です。お金がないとなにもできません!

そこで、その会社へお金を出資してもらい事業資金とすることで会社が成り立つわけですね!

 

株式会社とお金の流れのイメージ

 

この出資する人を株主と呼びます。

 

1-2 . 株式で利益を得る方法

株主もボランディアでやっているわけではないですよね。会社に利益が出た時、出資額に応じて利益を分配してくれます。

これが配当金。この配当金が株式投資により利益を得る一つの方法です。

 

もう1つは売買の差額で利益を出す方法です。

株式も有限ですので、需要と供給の関係から株式の価格(株価)が高くなったり安くなったりします。

安い時に買って高い時に売る!

商売の鉄則と同じことです。

 

2 . 株式投資のメリット

①様々な収益形態がある

配当金、売買益、株主優待等、いろいろな利益を出す方法があります。

株主の目的によって、株式の購入・売買の手法を選べるわけですね!

 

②勉強次第で自分のルールが見えてくる

チャートと呼ばれる株価と時間のグラフがあります。よく言う相場ってやつですね。

相場にはセオリーの様なものも存在し、それをマイルールとし売買する人もいます。

このチャートから価格を分析することをテクニカル分析なんて言いますね。

一方で、会社の業績や将来性から株価動向を分析することをファンダメンタルズ分析って言います。

この自分のルールを作り、運用することができる人には非常に有効な投資です!

 

③ネット証券会社で手軽に取引可能

今ではスマホがあれば瞬時に売買することができます(証券取引所がオープンしている間)。

それに手数料がとても安い

大手ネット証券であれば、100万円以下の取引であれば1回の取引100円なんて普通です。

一方一昔前は、窓口での購入で4000円とかでした。(詳細な値段ではありません!イメージです。)

利益が出しやすい時代になりましたね!

 

④信用取引で大きなお金を動かせる

詳細な説明は省略しますが、元手を数倍の株を購入することができます

もちろん利益も数倍!ということは、損失も数倍!

この取引は非常にハイリスク・ハイリターンですので慎重に行わなければいけませんね!

 

3 . 株式投資のデメリット

①会社が倒産すれば株式は紙くず

倒産すれば0になります

小さい企業の株を買えば、リターンも見込めるし、倒産するリスク(0になるリスク)もあるということですね。

なので、会社の将来性や業績などしっかり見極める必要があります。

 

②信用取引で損失が膨らむことも

メリットでも紹介した信用取引。

ハイリスク・ハイリターンです。

「株で借金した!」という方は信用取引によるものがほとんどじゃないでしょうか。

一か八かではなく、しっかりしたマイルールを設けて取引に臨みましょう!

 

③銘柄が膨大で分析が大変

さぁ株を買おう!となっても、何を買っていいかわからないですよね。

じゃあ企業を分析しよう!と言っても、今度は数が多くて大変。

初心者の方はあるあるだと思います。

今は各証券会社が分析ツールを提供してくれていますので、比較的楽にソートすることができます。

そこでマイルールに合う銘柄があれば購入!という流れに持っていければOKだと思います。

 

4 . 株式投資を始める心得

株式投資は非常にメジャーで誰でも聞いたことがある投資です。

証券会社の口座も本当に簡単に作れてしまいます。

敷居は過去に比べ低くなったかもしれませんが、気をつけたいのは素人が簡単に勝てる世界ではない!ということ。

知識無しで、「ひょっとしたら儲かるかも・・・」なんて手を出してしまうと99.99%負けます。

逆を言うと、しっかり勉強すれば勝てる可能性はある!とも言えます。

現在、株の世界で勝っている方々も最初は初心者でした。

しかし、失敗に失敗を重ね、自分のトレードを振り返ることで強い勝てるトレード手法を確立してきたはずです。

投資全般に言えることですが、最初は基礎の基礎から学びましょう

これは絶対です。

それをベースに、失っても構わないお金で練習(トレード)し、失敗を振り返る。これを繰り返すことできっと強いトレーダー・投資家になれると私は信じています

逆にデモトレードはあまり意味がないと思っています。

それは痛みを伴わないから振り返りがないため。

自分で稼いだお金は少額でも無くなるとショックなはず。私はデモトレードはやらずいきなり本番に臨みました。もちろん失敗を繰り返しましたが、学ぶことが多かったと思います。

私も勉強中の身ですので偉そうなことは言えませんが、どんな世界でも基礎を極めた人が最後は勝っているはず!

過去記事でも私が基礎の勉強にふさわしい本を紹介していますのでよかったらどうぞ!

 

 

関連記事

投資の世界はとりあえずやってみれば成功する世界ではありません! 筆者の経験談です笑 成功するには何事も勉強! 今回の記事では、「・・・とは言っても何から始めたらいいの?」と思われる方のための参考になればと思います。 […]

 

5 . まとめ

メリット・デメリットをもう1度まとめます。

まずはメリット。

  • 様々な収益形態がある
  • 勉強次第で自分のルールが見えてくる
  • ネット証券会社で手軽に取引可能
  • 信用取引で大きなお金を動かせる

次にデメリット。

  • 会社が倒産すれば株は紙くず
  • 信用取引で損失が膨らむことも
  • 銘柄が膨大で分析が大変

最後に心得。

  • 素人が簡単に勝てる世界ではない!
  • 基礎の基礎を極める
  • 失敗してもいい少額からトレードしてみる

 

投資にリスクはつきものですが、うまく付き合っていきながら将来のための資産形成に繋げたいですね!

最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG